菊地浩二は三芳町の議会議員をしています。三芳町は埼玉県の所沢市・川越市・富士見市・ふじみ野市・新座市・志木市に囲まれた都心に一番近い小さな町です。
2009年07月27日 (月) | 編集 |

f:id:ohsolla:20090727211848j:image

三芳町の検討委員会の委員が改選されて初めての委員会

今回僕は初めてこの委員会に所属することになった

午前中に町長からの委嘱状の交付と委員長・副委員長の互選が行われた

午後にはふじみ野市との合同会議が行われ、

今日の議題は「新ごみ処理システムの3次選定(その1)」で前回の続きだった

ホントなら前回ここまでやっておきたかったんだろうけど、時間が足りず分割となったような感じ

もろもろの事情で平成28年から供用開始したいようだが、全体的にのんびりした感じ

しかも、ちょうど佳境にはいるところで三芳の委員が改選され、若干後戻り感も...

これまで何度か会議を傍聴してたけど、出遅れ感は否めません

ごみ処理の広域化については、平成20年3月に埼玉県で策定された「第2次埼玉県ごみ処理広域化計画」により、県内を21のブロックに分けふじみ野市と三芳町は第7ブロックに位置付けられ、広域化が進められるようになった

もともとは市町村単位でごみ処理は行われていたけど、環境負荷の低減や効率化などを理由に広域化が推進されたようだ

三芳町はふじみ野市、富士見市と合同で入間東部広域斎場「しののめの里」を運営している。

広域連合で施設の運営が出来ると敢えて自治体同士の合併はしなくても良いようにも感じる

まぁ合併に関しては今後の課題であることには間違いないでしょうが

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック